「i-loops」という名前に込めた願い

 

744673f78fd7fa858750ece9204a2956_s

「i-loops」の名前の由来

 私が仕事にしているPR(Public Relations) とは、元々は、情報を共有しながら、
自分やメディアや消費者、関わる人みんなとの良い関係をつくっていく、という考え方です。

この考え方をベースにして、
「素晴らしいinformation(情報)を loop(循環)させ、
皆の良い関係を作っていく」

「i-loops」という屋号にはそんな思いを込めています。

でも、それでは「loops」ではなく「loop」ですよね。
そう、実はもう一つの「i-loop」があるんです。

 

もうひとつの「i-loop」

もうひとつの「i-loop」それは、
「i(愛)が loop(循環)する世界」です。

人の役に立つ情報を多くの人に届けることで、
受け取った人がHAPPYになって、ちょっぴり優しい気持ちになる。
そんな気持ちがちょっとづつ世の中を明るく照らす。

続ければきっと「愛が循環する世界」が実現すると信じています。

お客様をHAPPYにしたいと頑張っている人たちを応援することで、
ちょっぴり優しい気持ちになる人たちが増えたなら、
私にとってこんなに幸せなことはありません。

著者はこんな人

(株)らしゅえっと マーケティング戦略室 マネージャー
RINDA foundation 事務局長
PRコンサルタント

“良い商品・サービスなのに認知度が低い、ニーズがあるはずなのに売れていない、メディア実績があるのに売上に繋がらない”という悩みを抱える小さな会社のためのPRコンサルタント。