小さな会社のPRのヒント

メディアに選ばれる人になる「イメージ戦略」のススメ

Pocket

4a7579e15a1388139d3f37a4dad3ed5f_s

PRコンサルタントの武井由美子です。

以前「人は見た目が9割」という本がベストセラーになりましたが、「商品=人」であることが多いスモールビジネスの方にとって、PRを行なっていく上で外見をイメージアップさせる「パーソナルブランディング」は欠かせないもの。

雑誌や情報番組などに検討してもらう際は見た目が重要視されることが多いし、せっかくメディアに紹介されても、職業のイメージと外見にギャップがありすぎるとお客様をガッカリさせてしまい、紹介や口コミもされづらいかもしれない。もちろん、ギャップが魅力になる人もいるけれど、普通の人にギャップ戦略は難易度が高すぎると思う。

先日、東京商工会きた経営塾主催の「売上・利益を極大化するためのブランディングセミナー」で聞いたブランディングコンサルタント野崎美夫氏の話が、大変参考になったので今回は「イメージ戦略」について。

 

違いはイメージがあるかないかだけ

売れている商品と売れない商品は、商品自体には大した違いはなかったとしてもイメージは大きく異なる場合が多い。

野崎氏曰く、商品が”良い”だけではお客様に買いたいと思ってもらえない。いかに”良さそう!”と思わせられるか。この「〜そう」が大事」とのこと。売れている商品と売れない商品の違いは、「良い」ものを「良さそう!」に変えるイメージの差とも言えます。

たとえば、私が外で仕事をするとき、電源を求めてスタバやマックを利用することがあり、マックよりもスタバを優先して選ぶことが多いんですが、スタバのコーヒーはマックの3倍もします。

正直、どちらのコーヒーもさほど味が違うとは思わないけれど、それでもスタバを選ぶのは、ノマドワーカーの仕事場所という「イメージ」があり、落ち着いて仕事ができそうだから。実際にはマックでも仕事は捗るんですが・・・。

それに「スタバでMacBook Airを開いて仕事する(ドヤラーというらしい)」自分が好きなのかも(笑)。この感覚はマックでは得られないですもん。私はコーヒーの味ではなく、スタバの「イメージ」にマックの3倍のお金を払っているってことですね。

つまりは、客が望むイメージを演出できれば3倍の値段だって払ってもらえるということ。これは、どんな商品やサービスにも共通します。もちろん、あなたにも。

だったらイメージを変えればいいと思うでしょ?そのためにも「ブランディング」が必要になってくるんです。

 

身に付けるものを変えるだけで評価が変わる

野崎氏はブランドを「らしさ」と表現していましたが、「らしさ」というのは、消費者がその職業に抱いている既成概念でもあるのです。

たとえば税理士だったら、誠実そう・堅実そう・信頼できそうなど、消費者が抱く「税理士らしさ」の既成概念を活用することで、「この人なら信頼して仕事を任せられそうだ」と、消費者に選ばれて受注率・リピート率・粗利率を極大化することにつながるのだそう。

たとえば、いくら優秀な税理士でも髪がボサボサ、ワイシャツはシワくちゃで、スーツもよれよれという、不潔でだらしない風貌だったら仕事を頼みたいと思うでしょうか。この人大丈夫かな?と不安を感じて、実際はどんなに誠実で素晴らしい人だったとしても、見た目だけで候補から消えてしまうかもしれない。

でも同じ人が、外見をダークトーンのスーツにポケットチーフ、パリッとした白シャツ、控えめな時計とネクタイに黒縁のメガネ、ピカピカに磨かれた黒革靴に変えて現れたら、誠実そう・仕事ができそう・信頼できそう、と評価はガラリと変わるはず。

また、スーツ、靴、アクセサリー(メガネや時計)などの外見のみならず、話し方、立ち居振る舞い等々、すべてにさりげなく一貫性がある人は、髪の毛が薄かろうが、腹が出ていようが、なんだか格好良く見えるものです。

とはいえ、いきなり何もかも変えるなんて現実的じゃないし、お金もかかります。とりあえず、ボールペンを万年筆に変えたり、キャンパスノートを高級なノートに変える、名刺入れを変える、眼鏡を変える、無理せずにできることから実践してみましょう!

ちなみに、カリスマ性を磨くコツは「ゆっくり話す・ゆっくり歩く・ゆっくり食べる」ことだそう。ぜひ、お試しあれ!

早食いの私は、まずはゆっくり食べることから始めようと思うけど、あなたは何から始めますか?


プレスリリースを学んでみたい方はこちらがオススメ!

プレスリリースの基本がマスターできる
7日間無料メール講座
小さな会社のプレスリリース入門講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

7日間無料メール講座

7日間でプレスリリースの基本をマスター!

☑ PRの基本的な考え方
☑ PRに大切な5つのステップ
☑ メディアの選び方
☑ プレスリリースの書き方
【特典】特製プレスリリーステンプレート進呈


小さな会社のプレスリリース入門講座

 

最近の記事

ページ上部へ戻る