小さな会社のPRのヒント

i-loopsが目指していること

Pocket

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s

 

はじめまして。
PRコンサルタントの武井由美子です。

私にとってPRとは、メディアの力を活用して、世の中の埋もれている素晴らしい商品やサービス、
人や企業に「おひさま」のように光をあてて、芽を出させ、成長してもらうためのもの。

大きく成長したら、今度は自らが次の人に光をあてる「おひさま」になっていただく。
そしてそれが途切れることなくつながっていく。

そんな素敵なループが生まれるPRを、たくさんの人にお伝えしていきたいと思っています。

 

PRを知らないなんて・・・

なぜならば、多くの人の役に立つ素晴らしい商品やサービスなのに、広告予算がないとか、
どうやってPRすればいいかわからないという理由だけで、いつまでたっても知ってもらうことができずに、
それらを待っている人たちのところに届けられない。

そんな状況がすごく残念だと思っているから。

とはいえ、PR会社にいた頃は広告予算すらない会社なんて、サポートの対象外だと思っていました。
当時のクライアントは年商10億円以上の企業がメインで、月々のPRサポート料金は80万円前後。

小規模な企業からお問合せをもらってもなかなか予算が合わずに、お断りすることが多かったです。
でも、そんな会社の中にも予算が合えば、PRしてあげたいな思える会社もありました。

いまだったら、講座でプレスリリースを学んでもらったり、単発でコンサルするなど代案が提示できますが、
PR会社は年間サポートが基本。
そういった会社の方が利用できるサービスがなかったんです。

その先にいる消費者や社会のために役立てる仕事なら、できる範囲でお手伝いすればよかったなと思います。

 

小さな会社こそPRが大事

フリーで活動を始めてから、私の周囲にはたくさんの起業家や個人事業主が増えました。
彼らの中には素晴らしい商品やサービスを提供している人がたくさんいます。

働くママをサポートする仕組みを作った人、特定疾患の私設応援団を立ち上げた人、
メークセラピーで女性を元気にしている人などなど。
自分ができることで、人の役に立ちたいと頑張っている方ばかり。

でも、ほとんどの人が、広告以外でメディアを活用するなんて考えたこともなく、
メディア取材なんて自分には縁遠いと考えています。

たとえば交流会で出会った介護用の商品を作っている会社の社長さん。
介護士さんや自宅介護の人に喜ばれそうな商品だったので、
プレスリリースでメディア取材を呼ぶ方法をご紹介しましたが、

「でも、取材ってお金かかるんでしょ?」
「プレスリリースからならお金はかかりませんよ」
「でも、うちみたいな小さい会社はどうせ紹介されないよ」
「会社の大小は関係ないですよ」
「うちにはまだ早いからいいや」

とここで会話が終了。
かれこれ2年以上経ちますが、相変わらず細々と商売されているようです。

なんだかもったいないですよね。

 

PRで愛されるブランドを作る

ブログやSNSで発信しているだけでは、いつまでたってもブレイクできない。
もちろん、コツコツやれば少しずつは広まるけれど、
本当に必要としている人たちに情報が届くのはいつになることか。

まだ早いなんて言っていたらタイミングを逃してしまうかもしれません。

せっかくの素晴らしい商品やサービスだったら、
会社の大小や実績の有無に関係なくできるPRを実践してほしい。
メディアの力を活用することで、必要としている人に届く可能性が飛躍的に高まります。

その商品やサービスが多くの人に知ってもらい、多くの人に喜んでもらえたなら、
お客様も、あなたも、メディアも、そして私も。

みんながHappyになる。

メディアの力を活用して、
多くファンに長く愛される「おひさま」のような温かなブランドを生み出していく。

そのために、私が提供できるPRで精一杯お手伝いしていきたいと思っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

7日間無料メール講座

7日間でプレスリリースの基本をマスター!

☑ PRの基本的な考え方
☑ PRに大切な5つのステップ
☑ メディアの選び方
☑ プレスリリースの書き方
【特典】特製プレスリリーステンプレート進呈


小さな会社のプレスリリース入門講座

 

最近の記事

ページ上部へ戻る