小さな会社のPRのヒント

プレスリリースのメディア選びはお客様で変わる

Pocket

pr-purin0530-2

こんにちは!
PRコンサルタントの武井由美子です。

プレスリリースを書く前に必ず考えてほしいことがあります。

それは、あなたの商品・サービスを必要としているのは誰かということ。

プレスリリース作成講座でもターゲットのワークを行いますが、
最初からターゲット像が具体的な人はほとんどいません。
全く考えてなかったという人もいます。

全く考えていなかった人には、
「幅広い人たちに利用してもらいたいからお客様は絞れない」
と思っている人も多いんですね。

もちろん、ターゲットを広くして取りこぼしたくないという気持ちは
分からないでもないです。

でも、あなたの商品(サービス)が、

  • どんな人たちを対象にしているのか
  • どんな人たちの興味を惹きそうか
  • どんな人たちに共感してもらえそうか

ということが分かっていなければ、情報提供するべきメディアは選べないし、
メッセージもボンヤリしてしまって結局誰にも刺さりません。

取りこぼしがないようにしたつもりが、かえって逆効果になってしまうなんて、
もったいないと思いませんか。

 

お客様にしたい人はどんな人?

ターゲットをなんとなく考えていた人でも、
20代前半から30代前半の女性、子育て中の女性、シニア世代など、
かなりざっくりしか決めていないことが多いもの。

でも、20代前半から30代前半の女性の中には、
21歳の大学生もいれば32歳の兼業主婦もいるし、

子育て中の女性の中には0歳児の母親もいれば高校生の母親もいます。

それぞれのライフスタイルもニーズも全く違うし、
目にするメディアも全く違うということは容易に想像できますよね。

お客様をきちんと絞り込まなければ、
どのメディアにアプローチすればいいのかさえ分からない。

絞り込むことで、そもそも21歳の女子大生はテレビも雑誌も見ないかもとか、
32歳の兼業主婦はファッション誌を読みそうとか、0歳児のママの情報源はスマホかなとか、
40代女性は朝の情報番組を見ていそうとか推測できるんです。

たとえば32歳兼業主婦の中には、

「東京都在住。世帯年収2,000万円・高級賃貸マンション・正社員」
という人もいれば、
「東京から1時間の近隣県在住。世帯年収600万円・分譲マンション・パート・3歳の息子1人」
という人もいます。

この人たちは、
価値観も、大切にしているものも、興味のあることも、お金の使い道も全く違うはずです。

彼女たちが好みそうな具体的なメディア名を挙げるとすれば、
前者は「Domani」「VERY」、後者は「Mart」「サンキュ!」といったところでしょうか。

「あなたがお客様にしたいのはどんな人なのか?」

性別・年代・職業・嗜好・地域・ライフスタイルなどなど。
具体的な人物像が思い浮かぶくらいまで詳細に絞り込むことで、お客様にしたい人が好むメディアや、
その人たちをターゲットにしているメディアも絞り込めるようになります。

その結果、メディアにも読者(視聴者)にも刺さりやすいプレスリリースを書くことができるようになり、
本当に必要としている人の元にあなたの情報が届きやすくなるのです。

あなたのお客様はだれですか?

pr-purin0530

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

7日間無料メール講座

7日間でプレスリリースの基本をマスター!

☑ PRの基本的な考え方
☑ PRに大切な5つのステップ
☑ メディアの選び方
☑ プレスリリースの書き方
【特典】特製プレスリリーステンプレート進呈


小さな会社のプレスリリース入門講座

 

最近の記事

ページ上部へ戻る