プレスリリース

  1. プレスリリースと実家の片付けの意外な共通点

    捨てても捨ててもなかなか減らない不用品の山に「なんでこんなにあるのよ〜」とブツブツ言いながらも結構楽しい。だって片付け好きなんだもの。

  2. プレスリリースは自分だけのノウハウを構築すべし

    PRコンサルタントの武井由美子です。初めて手に取ったPRのハウツー本や、WEB検索で見つけたハウツー記事を実践する人は多いと思う。私自身、同業者の著書やブログ、メルマガの記事は参考にしている。少し前に、元全国紙記者と元地方紙記者が書いているメルマガを読んだ。

  3. 難病の歌手が決してあきらめずに伝え続けたこと

    プレスリリース成功事例:陰ながら応援してきた多発性硬化症と闘う歌手のKeikoさんが、読売新聞朝刊神奈川県版で大きく紹介されました!

  4. プレスリリースを「どこに送ればいい?」と思ったらすべきこと

    PRコンサルタントの武井由美子です。自分のネタに合ったメディア選びはプレスリリースの基本ですが、「どこに送ればいいか見当がつかない」という人は案外多いもの。手当たり次第に送っても意味がないので、まずは自分の商品やサービスのターゲット層が購読・視聴していそうなメディアをリストアップする必要があります。

  5. 定期的な「ニューズレター」でメディアに印象付けよう!

    メディアには毎日山ほどプレスリリースが届きます。知らない会社からのプレスリリースは「最初から読まない」と決めている記者も少なくないから、とくに初めてのプレスリリースは読まれずにスルーされることも多い。配信しただけで取材が来ることもあるが、たいていの場合、送りっぱなしでは反応がないのが普通。

  6. あなたのビジネスは「世のため、人のため」になってる?

    PRコンサルタントの武井由美子です。メディアが取材先を選ぶ際に、どんなところに注目しているのか?気になりますよね。たとえば、TBS「夢の扉+」プロデューサーが取材先を選定する際のポイントは、下記の3つだとか。

  7. 季節の定番ネタにはメディアが興味を持つ「こだわり」を入れるべし

    PRコンサルタントの武井由美子です。大学入試センター試験が終わり本格的な受験シーズンを迎えるこの時期は、合格キットカット(きっと勝つ)、うカール、TOPPAといった合格ゲン担ぎ商品をスーパーやコンビニでよく見かけます。

  8. 「むずかしいことをやさしくつたえる」は、プレスリリースの基本

    こんにちは。PRコンサルタントの武井由美子です。以前、東京五輪誘致の最終プレゼンを執筆したことで知られるニック・バーリーさんが「複雑なことをシンプルに表現するのがプレゼンでも重要」と話していましたが、これってなんにでも当てはまることだと思う。

ページ上部へ戻る