プレスリリースは読み手本位で書くべし

こんにちは。
PRコンサルタントの武井由美子です。

先日、仲良しのWEBコンサルタント もち月りえさんから、使い方がわからずにずっと放置していた
WordPressのプラグインや、未設定だったGoogleAnalyticsのコンバージョン設定方法をレクチャー
してもらいました。

初心者向けにホームページとプログのコンサルをされているだけあって、とっても説明上手でわかりやすい。
1ヶ月くらい悩んでいたことがものの数分で解決し、おかげさまでココロもサイトもスッキリです♪

 

相手のことちゃんと考えてる?

とりあえず自分でなんとかしたい派の私は、本や検索で調べて書かれている通りにやることが多いけど、
「初心者にも簡単」とか「超初心者向け」って書いてあっても、「簡単だった〜♪」なんて思ったことは
ほとんどないんですよね。

たいていは、「そもそも、この用語がわからないんだけど?」とか「その後はどうすればいいの?」とか、
調べても調べても本当に知りたいことが書いていないことが多い。
で、結局、問題解決できずに諦めるというパターン・・・・もぉー!簡単ちゃうやん(怒)

書き手は「ここまで書けば誰にでもわかるはず」と思って書いているんだろうけど、
わかる人の説明は超初心者にはわからないことだらけ。

たぶん「超初心者」とはどんな人で、どんなことに困っていて、どんなニーズがあるのかを、
読み手の身になって考えていないから、超初心者がどこで引っかかっるかがわからないんだろうなー。

こういうことって、いろんな場面で起きていると思う。
たとえば、プレスリリースだってそう。

8420ccf9868d9c42df5dcd913eb07ea6_s

 

あなたの「当たり前」は通用しない

難解な専門用語や横文字だらけ、内容も専門的すぎるプレスリリースって案外多いもの。
読み手が業界の専門メディアの記者だったらいざ知らず、一般メディアの記者にはチンプンカンプン。
私が記者だったら読むのが面倒だし理解もできそうにないから、秒殺でゴミ箱に投げ入れますね。

もちろん書き手としては、難しいことを書いているつもりはなくて、
自分の周囲や業界で「当たり前」に使われている用語や横文字を書いているだけかもしれないけど、
自分たちの「当たり前」が、他の業界にとっても「当たり前」とは限りませんよね。

メディアはあなたの業界については「ど素人」だから、あなたの「当たり前」は通用しない。
そのことを踏まえたうえで、プレスリリースは中学生が読んでも理解できるくらいに分かりやすく
書く必要があります。

 

書き手本位ではなくて、読み手本位で

そのためには、書き手本位ではなく読み手本位になっているか、誰が読むのかを意識すること。
自分が言いたいことだけを伝えるのではなく、相手のニーズを慮ることが大切。

これはプレスリリースに限ったことじゃなくて、サイトもブログもメルマガもSNSも・・・
あなたが発信する全てのメディアに通ずることです。

自分の書いた文章が相手に伝わらない、プレスリリースに反応がないと悩んでいたら
ぜひ「読み手本位」を意識してくださいね!


プレスリリースを学んでみたい方はこちらがオススメ!

プレスリリースの基本がマスターできる
7日間無料メール講座
小さな会社のプレスリリース入門講座

 

著者はこんな人

(株)らしゅえっと マーケティング戦略室 マネージャー
RINDA foundation 事務局長
PRコンサルタント

“良い商品・サービスなのに認知度が低い、ニーズがあるはずなのに売れていない、メディア実績があるのに売上に繋がらない”という悩みを抱える小さな会社のためのPRコンサルタント。