小さな会社のPRのヒント

季節の定番ネタのプレスリリースでメディア取材を狙え

Pocket

314b5f0684a622cb707635bb1adb0029_s

PRコンサルタントの武井由美子です。

10月になると街ではハロウィンパーティがそこかしこで始まり、先週くらいから情報番組もニュースもSNSも世間はハロウィン一色。いつの間に日本はこんなにハロウィン大好きな国になったんでしょうね〜。

考えてみれば、ハロウィンって仮装して非日常を体験できて、変身した姿をSNSで発信できる(←これ大きいよね、きっと)。老若男女関係なく楽しめるのもいいですよね。スゴイ仮装をしていても、みんな寛容。これって日本の特徴らしい。

街で見かけた男性の特殊メイクなんて、あまりにリアルすぎて目が釘付けになっちゃいました。純真な子供が見たら間違いなく泣き出すし、お年寄りが警察とか救急車を呼ばないか心配になるくらい。メチャメチャ気合い入ってる。

今年は土曜日だから、子供から大人まで街中にリアルなお化けたちが溢れるんだろうなー(^_^;)

 

ハロウィンの経済効果はなんと1,200億円!

さて、すっかり定着した感のあるハロウィン。最近では、バレンタインやホワイトデーよりも経済効果が高く2015年は1200億円が見込まれているんだとか。

これだけ盛り上がると、変身グッズや変身メイクはもちろん、お花屋さんも和菓子屋さんも乗っかりまくってるし、なんとスーパーの柿までがパンプキンカラーつながりってことで、ちゃっかり便乗してました(笑)

また、日本のハロウィンは独自進化を遂げているらしく海外からも注目の的。わざわざハロウィンを楽しむために来日する人も多く、インバウンドの需要まで見込めてしまうってスゴイ。

世の中には毎日のように便乗商品が登場していて、メディアでも毎日のように紹介されています。専門家によれば、ハロウィンの経済効果は今後さらに拡大していくそうなので、来年以降もますます楽しみです。

 

季節の定番ネタでメディア取材を狙う

ハロウィン便乗はミスマッチな業種であるほど面白いし話題にしやすいので、メディアに取り上げられやすくなります。あらゆる業種で便乗できると思うので「ハロウィン?うちには関係ないよ」などと言わずに、ぜひ来年は便乗商品やサービスを考えてみるべし。

ちなみに、ちょっと調べただけでも、こんなにハロウィン便乗プレスリリースがありました(ほんの一部です)。企画次第でなんでもありですよねー。

おかしな箱にTrick or Treat?『ハッピー“ハコ”ウィン キャンペーン』抽選で湖池屋商品が“箱ごと”もらえる     
麺屋黒琥渋谷2周年キャンペーン!「とんこつ醤油ラーメン」1杯500円!ラーメン500円パスもプレゼント!ハロウィン当日は、仮装来店で餃子をサービス!
大盛況!親子で楽しむハロウィンコスチュームでかぼちゃの楽器作り!
水陸両用バスYAMANAKAKO NO KABA 1夜限りの「ハロウィン号」運行!!
優秀なゾンビキッズを育てる学校「ゾンビキッズスクール」 10/31(土)・11/1(日)開校

ハロウィンはもう間に合わないけれど、今からならクリスマスやバレンタインなどの定番イベント、定番季節ネタ(冬ならば防寒対策、冷え症、ボーナス、鍋物、忘年会、クリスマス、お正月、インフルエンザetc.)なら十分間に合いますよ。

面白い企画を考えて、メディアをあっと言わせちゃいましょう!


プレスリリースを学んでみたい方はこちらがオススメ!

プレスリリースの基本がマスターできる
7日間無料メール講座
小さな会社のプレスリリース入門講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

7日間無料メール講座

7日間でプレスリリースの基本をマスター!

☑ PRの基本的な考え方
☑ PRに大切な5つのステップ
☑ メディアの選び方
☑ プレスリリースの書き方
【特典】特製プレスリリーステンプレート進呈


小さな会社のプレスリリース入門講座

 

最近の記事

ページ上部へ戻る