他社のプレスリリースから学べることは多い

pr-purin-0531

こんにちは!
PRコンサルタントの武井由美子です。

プレスリリースを書いていると、こんな感じでいいのかなぁとか、
他の会社はどんなのを書いているんだろうとか、たぶん気になってくると思います。

そんなときは、他社のプレスリリースを参考にするのも手。

もちろんオリジナリティは大切だけど、構成やレイアウト、
画像の使い方からネタの切り口まで、他社のリリースから学ぶことは多いもの。
これらを参考にするのもリリース上達の近道です。

 

良いも悪いも参考になる

他社のリリースを見るのは案外簡単。
「プレスリリース」で検索すれば、様々な企業の最新リリースが見られるし、
HPにリリース情報を載せている会社もたくさんあります。

ただし、プレスリリース配信サービスのサイトなどで公開しているプレスリリースは、
玉石混交すぎて参考になるものは正直少ないかも。
タイトルも本文もイマイチと感じるものの方が多いですね。

もちろん、ものすご〜く参考になるプレスリリースもあるにはあります。
本当に少ないですが・・・。

これって広告だよね?というのがあまりにも多いので、
速攻ゴミ箱に捨てるメディアの気持ちがちょっとわかる気がしてきます。

とはいえ、ダメなプレスリリースだとしても、
「どの辺がダメなのか」とか「自分だったらこう書くのに」などと考察できるし、
それはそれで勉強になるはずなので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

最初のうちはどれが良いプレスリリースかわからなくても、
読んでいくうちにだんだんと

「これ読みやすいなぁ」
「なんか惹かれる」
「面白い」
「インパクトがある」

というプレスリリースが出てくるはずです。

そんなプレスリリースなら参考にすればいいし、
逆に

「広告みたい」
「何が書いてあるかわからない」
「読みづらい」
「見づらい」

というプレスリリースは反面教師にすればいいだけ。

ちなみに、テレビや新聞で気になったニュースからプレスリリースを探す
という方法もあります。

その場合は、「会社名、商品名、キーワード、プレスリリース」などの組み合わせで
検索してみると、もとのプレスリリースにたどり着けることが多いです。

こちらの方法なら、
ちゃんとメディア掲載に成功したプレスリリースなので、無駄がありません。

ただし、大手企業のプレスリリースはすぐに検索にヒットすることが多いけれど、
小さな会社のプレスリリースは企業サイトで公開していない限りは見られないことが多いかも。

また、PDFデータでA4で作成された実際のプレスリリースが見られる場合もあるので、
内容だけでなくレイアウトや画像の見せ方も参考にするといいですね。

良いところはどんどん真似をする。
そうやって、少しずつ自分らしく読みやすいプレスリリースを作っていってくださいませ。

 

あなたはどんなプレスリリースから学びますか?

 

pr-purin5

著者はこんな人

(株)らしゅえっと マーケティング戦略室 マネージャー
RINDA foundation 事務局長
PRコンサルタント

“良い商品・サービスなのに認知度が低い、ニーズがあるはずなのに売れていない、メディア実績があるのに売上に繋がらない”という悩みを抱える小さな会社のためのPRコンサルタント。