小さな会社のPRのヒント

プレスリリースのメール配信は件名が命!

Pocket

 

3033be6f02febddf630ff970fde2f9d5_s

こんにちは!
PRコンサルタントの武井由美子です。

プレスリリースをメディアに配信する方法は、
FAX・郵送・メール・手渡しとあるけれど、最近多いのがメールでの配信。

リリース受付専用アドレスがあるメディアも増えているし、
一度つながりができたメディアなら担当メールアドレスも分かっているので
直接送る場合が多いのではないでしょうか。

ところで、プレスリリースをメール配信するとき、
あなたはどんなふうに送っていますか?

実は、メールでの送り方を間違えている人が結構多いんです。
というわけで、今回はメールでプレスリリース配信するときの
注意点についてお話しします。

 

プレスリリースの内容はメール本文に

先日もセミナー参加者から、
「メールで送るときはプレスリリースをPDFで添付していますが、
その場合の件名とかメールの文章はどう書けばいいですか?」
という質問を受けたんですが・・・。

実はメールで送る場合は、
プレスリリースの内容はメール本文に書くのが鉄則。
なぜなら、添付を開くワンアクションが「めんどくさい」と
思われてしまうから。

なにしろ相手は多忙極まりない人たち。
ただでさえ大量のリリースが届くのに、添付をわざわざ開いちゃくれません。
自分に置きかえると良く分かるけど、
知らない人から来たメールの添付なんて絶対に開かないでしょ?

メールを開いてプレスリリースを読んでもらうためには、
それなりの工夫も必要です。

 

メール配信は件名が命

メール配信で一番重要なのは、何と言っても件名です。
本文にどんなに良いことが書いてあっても、メールを開いてもらえなければ
何の意味もないですよね。

だから頭をフル回転させて、
自分だったら「思わず開いちゃうな」っていう件名を必死に考えるんです。

間違っても「プレスリリースをご送付いたします」なんて、つまらない件名を書かない。
自分だったら、この件名で読んでみたくなるか?と考えればわかりますよね。

とはいえ、ひねりすぎて何のプレスリリースなのか分からなくなったりしないように、
件名には『【○○(発信元)】+プレスリリースタイトル』など、
30文字以内くらいで伝えたい内容が一目でわかるものを入れましょう。

 

メール用に読みやすく編集

メール本文にプレスリリースを、そのままコピー&ペーストするのはNG!
かなり読みづらいメールになってしまうから。

メール用に改行を多くするなど読みやすく工夫して、
A4一枚の紙のプレスリリースには書ききれなかったストーリーや想いを
書き足してもいいですね。

ちなみに画像やデータは添付でOKですが、
Webメディアでは添付画像がそのまま記事に使用されるので、
できるかぎり解像度が高いものを複数点送っておきましょう。

画像がイマイチなせいで採用されなかったら、もったいないですから。

プレスリリースはメディアの人たちにストレスなく読んでもらえるように
配慮する必要があります。

これは紙でもメールでも全く一緒ですよ。
読み手のことを考えた、ちょっとした気遣いをお忘れなく!


プレスリリースを学んでみたい方はこちらがオススメ!

プレスリリースの基本がマスターできる
7日間無料メール講座
小さな会社のプレスリリース入門講座

すぐに実践したくなるプレスリリースのコツ伝授
少人数でじっくり学べる2時間講座
取材されるプレスリリース講座

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

7日間無料メール講座

7日間でプレスリリースの基本をマスター!

☑ PRの基本的な考え方
☑ PRに大切な5つのステップ
☑ メディアの選び方
☑ プレスリリースの書き方
【特典】特製プレスリリーステンプレート進呈


小さな会社のプレスリリース入門講座

 

最近の記事

ページ上部へ戻る