小さな会社のPRのヒント

あなたのビジネスは「世のため、人のため」になってる?

Pocket

a85ad31e6b4774f4819384076e41c54b_s

PRコンサルタントの武井由美子です。

メディアが取材先を選ぶ際に、どんなところに注目しているのか?
気になりますよね。

たとえば、TBS「夢の扉+」プロデューサーが取材先を選定する際のポイントは、下記の3つだとか

①世のため人のためになるか
 最初にメディアのアンテナが反応するところ
②イノベーション
 革新的なポイントが一般視聴者にも分かりやすいケース
③「人」に魅力があるかどうか
 人間的な味や深み。大きな壁を乗り越えたドラマがあればなおよい

3つ揃えば言うことないけど、中でも最も重視しているのは「世のため、人のため」という部分だそう。これって、いつも私がセミナーやブログで言っていることでもある。テレビに限らず、ほとんどのメディアがこれを重視してるのだ。

 

PR向きじゃない人とは

どんなビジネスにも「世のため、人のため」ってスタンスは必要だと思う。そんなこと1ミリも思ったことないって人はPRに向かないから、お金を払って広告を出した方がいい。

とはいえ、そんな人は案外多い・・・っていうか、よく遭遇する。口では「世のため人のため」とか言っていたとしても、自分だけが得したい(金儲けしたいだけ)というのが透けて見える。

当然、メディアにもすぐバレるし、取材されることもない。

そもそも、この部分が欠けている人はPR以前の問題だよね。
自分のビジネスについて考え直してみた方がいいんじゃないかな。

 

あなたは誰の役に立ちたい?

「世のため、人のため」というと大げさな感じがするけれど、きちんとビジネスしている人なら「このサービスで子供たちを笑顔にしたい」とか「この商品で女性が喜んでほしい」とかボンヤリとでも「だれかのために」って思っているはず。

そのボンヤリとしたイメージを明確にするだけでいい。

PRを始める前に、まずあなたがやることは、「誰のためにどんな役に立ちたいのか」、「なぜそれをするのか?」を一生懸命考えること。

ちなみにプレスリリースしたいと相談してくる人で、これをきちんと考えている人は驚くほど少ない。だからこそ、「世の中のこんな人のために、こんな役に立ちたい」というメッセージが当たり前に伝えられる人は、やっぱりメディアから選ばれやすいのだ。

考えたことがない人は、今からでも遅くない。この機会にじっくり考えるべし。
一人じゃ無理って場合はご相談を。


プレスリリースを学んでみたい方はこちらがオススメ!

プレスリリースの基本がマスターできる
7日間無料メール講座
小さな会社のプレスリリース入門講座

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

7日間無料メール講座

7日間でプレスリリースの基本をマスター!

☑ PRの基本的な考え方
☑ PRに大切な5つのステップ
☑ メディアの選び方
☑ プレスリリースの書き方
【特典】特製プレスリリーステンプレート進呈


小さな会社のプレスリリース入門講座

 

最近の記事

ページ上部へ戻る