「むずかしいことをやさしくつたえる」は、プレスリリースの基本

6bd9477147e43aa2d10f408b89b08803_s

こんにちは。PRコンサルタントの武井由美子です。

以前、東京五輪誘致の最終プレゼンを執筆したことで知られるニック・バーリーさんが
「複雑なことをシンプルに表現するのがプレゼンでも重要」と話していましたが、
これってなんにでも当てはまることだと思う。

ニックさんは「シンプルにするには奥さんと子どもに読んでもらうといい」と言っていたけど、
プレスリリースも初めて読む中学生でも理解できるように書くのが基本です。

どんなシチュエーションであっても、人に伝えるときはシンプルに分かりやすくということですね。
とはいえ、複雑なことをシンプルに表現するのは案外難しい。それなりの能力を求められます。
逆に簡単なことを難しく伝えるのは、わりと誰でもできると思う。

で、ふと思い出したのが、作家の井上ひさしさんが生前に繰り返し言っていたという言葉。

むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、
ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、
まじめなことをゆかいに、
そしてゆかいなことはあくまでゆかいに

なんとも深くて素敵な言葉ですね。

残念ながらいまの私には、むずかしいことをやさしくするだけで精いっぱいだけど、
だれかに大切な何かを伝えたいとき、
ほんのちょっぴりでも、ふかく、おもしろく、ゆかいのエッセンスを入れられたらいいなと思う。 


 [adrotate banner=”5″]

[adrotate banner=”6″]

著者はこんな人

(株)らしゅえっと マーケティング戦略室 マネージャー
RINDA foundation 事務局長
PRコンサルタント

“良い商品・サービスなのに認知度が低い、ニーズがあるはずなのに売れていない、メディア実績があるのに売上に繋がらない”という悩みを抱える小さな会社のためのPRコンサルタント。