メディアに覚えてもらえる人・忘れられてしまう人

d211a1d352793e41d6e41155784dbe32_s

こんにちは。PRコンサルタントの武井由美子です。

夏らしくない日が続いた8月後半が過ぎて、気づけばもう9月。
年のせいとは思いたくないけど、
以前よりも月日が過ぎるのがあっという間に感じます。

先日も夫と話していて、つい1,2年前だと思っていたことが、
5年以上前のことだったと判明!
逆に10年前のことでも先週のことのように覚えている自分がコワイです(苦笑)

でも、こんなふうに覚えていられるのも、自分のことだからこそ。
10年前にどんな事件が起きたとか、どんなことが流行したのか、
な〜んも覚えておりませぬ(汗)

これって私だけじゃなくて、みんなそうじゃないかな。
日々、どんどん新しいニュースや流行が生まれては消えていきますから。
そんな世の中で生きていると、「これいいなー」と思ったことでも
新たな情報がインプットされた途端にあっという間に忘れちゃうことも多い。

 

定期的なプレスリリースが必要な理由

だからこそ、忘れられないためには、
忘れられないように情報発信し続けることがとっても大切です。
私が普段から講座やブログで「定期的にプレスリリースしてね」
と伝えているのも、そんな理由から。

プレスリリースがメディアへの手紙だとすると、
一年とか半年に一度手紙を送ってくる人よりも、
毎月近況を知らせてくれる人の方が強く印象に残りますよね。

とはいえ、なんでもいいわけじゃなくて、全くニュース性がないとか、
売込みばかりなのは論外ですが・・・。
ちゃんと頭を捻ってメディアの人に喜こばれる「ニュースになる情報」を送ってくださいね。

あ、でも、ニュースといっても、そんなに大げさに考えなくても大丈夫ですよ。

季節や記念日、話題になっていることに便乗してもいいし、こんなのニュースにならないと
思いこんでいることことの中にも切り口を変えればニュースに変わることもあるので、
ぜひ自分なりのニュースを見つけてくださいね。

ニュースの見つけ方がわからない!という方は、こちらの講座でもお伝えしていますよ♪


プレスリリースを学んでみたい方はこちらがオススメ!

プレスリリースの基本がマスターできる
7日間無料メール講座
小さな会社のプレスリリース入門講座

 

 

著者はこんな人

i-loops代表
PRコンサルタント

“良い商品・サービスなのに認知度が低い、ニーズがあるはずなのに売れていない、メディア実績があるのに売上に繋がらない”という悩みを抱える小さな会社のためのPRコンサルタント。