ベストセラーの条件とは?

87319bf156423690701a2bd86f684e07_s
こんにちは。PRコンサルタントの武井由美子です。

集客ができない、商品が売れないと悩んでいる人の話を聞いていると、
ターゲットが絞れていなかったり、自分が好きなものだけを売っていたり
リサーチも全くしていなかったり。ということが案外多いんです。
そりゃあ、難しいですよね・・・(^_^;)

そんな人は、ダイヤモンド社書籍編集局の飯沼一洋副編集長が話されていた
「売れる本作りの3つのポイント」をぜひ参考に。

飯沼さんは多くのベストセラービジネス書を世に送り出してきた方ですが
ベストセラーの3条件は以下の通りだそう。

1つ目のポイントは、多くの人が関係するテーマで本を作ること。
なぜなら、本を買わない最大の理由は「自分と関係ない」から。

2つ目のポイントは、ベネフィットの大きさ。
自分にとって明らかにベネフィットが大きい本でなければお客さんはお金を払ってくれないから。

3つ目のポイントは、本の内容が自分でも実行できると思えること。
私がビジネス書を選ぶ基準も、まさにこの通りだなぁと納得。

ベストセラーってなるべくして、なっているんですね。

作り手は常に「こういう商品を世の中に出したい!」という
意識になりがちなので、市場のニーズからスタートすることを忘れがち。

ビジネス書に限らず、
作り手が作りたいものを作るのではなく、消費者に求められるものを作る。
肝に銘じないとね。


プレスリリースを学んでみたい方はこちらがオススメ!

プレスリリースの基本がマスターできる
7日間無料メール講座
小さな会社のプレスリリース入門講座

 

著者はこんな人

i-loops代表
PRコンサルタント

“良い商品・サービスなのに認知度が低い、ニーズがあるはずなのに売れていない、メディア実績があるのに売上に繋がらない”という悩みを抱える小さな会社のためのPRコンサルタント。