プレスリリースの書き方

  1. プレスリリースの8割はタイトルで決まる

    PRコンサルタントの武井由美子です。プレスリリースは、パッと見ただけで記者の興味を惹かなければ、 どんなにいいことが書いてあってもゴミ箱行きの運命。読まれるか読まれないかは、8割方「タイトル(見出し)」で決まると言ってもいいでしょう。とはいえ、興味を引くタイトルを考えるのは難しいんですよね。

  2. 伝える内容を半分にすれば、プレスリリースの伝わりやすさは倍になる

    PRコンサルタントの武井由美子です。プレスリリースを添削していると、”詰め込みすぎる人”と”説明不足の人”の二通りに分かれるなーと感じます。ちょうどいい人って案外少ないんです。詰め込みすぎる人は、あれもこれも重要に思えて自分では削れない。

  3. プレスリリースにも使える!メガヒットを生み出す天狼院のライティングの極意

    PRコンサルタントの武井由美子です。先日、池袋の天狼院書店の店主で現役ライターの三浦 崇典さんのライティングラボに参加してきました。仕事柄、文章を書いて発信することが多いので、文章を書くのが得意とか好きな人と思われがちだけど、別に得意というわけではないんです。

  4. 「むずかしいことをやさしくつたえる」は、プレスリリースの基本

    こんにちは。PRコンサルタントの武井由美子です。以前、東京五輪誘致の最終プレゼンを執筆したことで知られるニック・バーリーさんが「複雑なことをシンプルに表現するのがプレゼンでも重要」と話していましたが、これってなんにでも当てはまることだと思う。

  5. プレスリリースは1枚にまとめなきゃいけないって本当?

    こんにちは、PRコンサルタントの武井由美子です。あなたはプレスリリースを書くときに、無理やり1枚にまとめようとしていませんか?たしかに「プレスリリースは1枚にまとめなさい」と多くの本に書かれているし私自身もセミナーでそう伝えています。

  6. アンケート調査結果を「メディアが興味を持つ面白いニュース」に変えてプレスリリースせよ!

    こんにちは、PRコンサルタントの武井由美子です。先日の「おひさまランチ会」でオブザーバーとして参加してくれた、“オタク化”をキーワードにしたコンサルティングを得意としているコンサルタントの方喰正彰さん。実は、以前から「プレスリリース」を活用して多くの成果を出されている方なんです。

  7. メディアのハートを掴むプレスリリースとは?

    こんにちは、PRコンサルタントの武井由美子です。前回の記事では、筆跡診断士・芳田マサヒロさんの「一般非公開のプレスリリース」を大公開。プレスリリースの書き方のポイントについて徹底解説しました。

  8. 報道連鎖を呼んだプレスリリースを大公開!メディアを引き寄せるプレスリリースの書き方

    こんにちは、PRコンサルタントの武井由美子です。ネットで「プレスリリースの書き方」と検索すると、たくさんの記事がヒットしますが、それらを参考にプレスリリースを書こうとすると、結局どうやって書けばいいのか分からなかったりします。

ページ上部へ戻る