武井由美子の記事一覧

  1. お客様とメディアに選ばれるために考えておきたい3つのこと

    PRブランディングプロデューサーの武井由美子です。先日、講座の参加者からこんな質問が・・・。「コンセプトとミッションとビジョンがゴッチャになるんです」実はこれゴッチャになる人がとっても多いんです。

  2. できない理由を考えるより、とにかく「やったらええんちゃう」

    PRブランディングプロデューサーの武井由美子です。9月半ばに広報アドバイザーをしている業界団体の委員会の会合で徳島に行ってきました。なんでわざわざ徳島だったのかといえば、参加委員たちの希望でとある町への視察が組み込まれていたから。

  3. お客様のハートにぐっさり刺さるコンセプト作りに欠かせないものとは?

    PRブランディングプロデューサーの武井由美子です。最近、セミナーやブログで「コンセプトとターゲットが大事」としつこく言い続けているんですが、そもそも「コンセプト」ってなんでしょうか?検索してみると、概念。観念。企画・広告などで、全体を貫く基本的な観点・考え方。

  4. メディア取材が集客や売上につながらない理由

    PRブランディングプロデューサーの武井由美子です。先月からスタートした新講座では、・良い商品なのに売上が伸び悩んでいる・新規客がなかなか増えない・メディア実績はあるが、売上につながっていないという起業3年以内の一人社長さん向けに、メディア実績を最大限活用して売上につなげていく方法をお伝えしています。

  5. PRを始める前に考えておくべき3つのこと

    PRブランディングプロデューサーの武井由美子です。良いアイデアが浮かばずに行き詰まったとき、あなたはどうしていますか?参考になりそうな本を読んでみるとか、場所を変えて気分転換してみるとか・・・でしょうか。

  6. メディアに紹介されても何も起こらないこともある

     PRブランディングプロデューサーの武井由美子です。メディアに紹介されたら黙っていても認知度も集客数も売上もアップする。そう考えている人も多いかと思います。もちろん、そうなることもあるけれど、実はそうならないことも多いんです。

  7. 自分だけの価値を見つけたいと思ったらすべきこと

    ”自分には大した価値がない”そんなふうに思っている人はいないだろうか?私は長い間そんなふうに思ってきた。

  8. ファンづくりには共感される情報発信が欠かせない

    我が家の17歳の愛猫プリンさんは、5年前に慢性腎不全を発病してからずーっと腎臓病用の療法食を食べている。おかげで腎臓の数値は安定しているものの腎機能が戻るわけではないので、これからもずっとお世話になると思う。ただし、このフードを病院で買うととーっても高い・・・。

ページ上部へ戻る