小さな会社のPRのヒント

ボランティア活動は積極的にプレスリリースすべし

Pocket

afb818443238ddfef544f7417caafc20_s

 

こんにちは!
PRコンサルタントの武井由美子です。 

世の中にはたくさんのボランティア団体があって、それぞれ一生懸命活動しているのに、周囲の人たちに活動が知られていない。なかなか理解されない。そんなことが多いように思います。なんだか、すごくもったいない。

どんなに素晴らしい活動だとしても、知らない人にとっては存在しないのと一緒だから。

たとえば、犬猫の殺処分ゼロを目指すボランティア活動。大々的なキャンペーンをしている団体もあるけれど、地元でコツコツ活動している人たちのことはよく分からない。

自分が住んでいる地域で猫の殺処分ゼロのために頑張っている人たちがいるならば、猫好きの私としてはぜひ応援したいけれど、探してもなかなか見つからない。もっと発信してくれたらなぁ・・・と思います。

 

活動を積極的に発信しよう

もしも、その活動が新聞やテレビを通じて知ることができたら、応援してくれる人や一緒に活動してくれる仲間が増えるかもしれないですよね。でも、どうしたら新聞やテレビに取り上げてもらえるんでしょう?

そう、こんなときこそプレスリリース役立ちます。プレスリリースは企業の活動ばかりをお知らせするものではありません。

メディアを通して伝えたいメッセージがあるならば、個人でプレスリリースしたっていいんです。

「え、個人で?」と思うかもしれないけれど、世の中の役に立つことならば、どんどん発信するべきだと思います。もちろんSNSなどで発信するのもいいけれど、たくさんの人たちに広く知ってほしいならば、やはり新聞やテレビが有効です。

猫の殺処分ゼロのために活動しているなら、地域の殺処分の現状や猫たちが置かれている状況、具体的な活動内容や困っていること協力してほしいことなどをプレスリリースに書いてみる。地域貢献や社会貢献につながることなら、メディアだって興味を持ってくれます。

すぐには取材に結びつかなくても、ことあるごとにプレスリリースしておけば、動物愛護週間などのタイミングで紹介してくれるかもしれません。

ちょうどこんな話題が記事になっていましたので、ご参考までに。
「ネコの幸せ願う1冊 盛岡のカフェが作成、無料配布」岩手日報WebNews(2015/07/21)

プレスリリースだけでなく、ブログ、SNS、新聞の投書欄、テレビ番組HPに投稿など、とにかく発信してみることが大事。

まず自分たちのことを知ってもらい、たくさんの共感と応援を得ることです。

私だって特別なことはなにもできないけれど、世の中の役に立ちたいと望む人たちにプレスリリースの方法をお伝えすることはできるし、それをキッカケにして、ほんの少しだけ世の中を良くすることができるんじゃないかと思うのです。

一人の力は微力でもいい。たくさん集まれば必ず大きな力に変わると思うから。

周囲の人たちを巻き込みながら懸命に突き進んでいけば、いつかきっと望む世界が訪れるはずだと信じています。


プレスリリースを学んでみたい方はこちらがオススメ!

プレスリリースの基本がマスターできる
7日間無料メール講座
小さな会社のプレスリリース入門講座

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

7日間無料メール講座

7日間でプレスリリースの基本をマスター!

☑ PRの基本的な考え方
☑ PRに大切な5つのステップ
☑ メディアの選び方
☑ プレスリリースの書き方
【特典】特製プレスリリーステンプレート進呈


小さな会社のプレスリリース入門講座

 

最近の記事

ページ上部へ戻る