アーカイブ:2016年 1月

  1. おじいちゃんのノートに注文殺到!孫のつぶやきから広がるPR

    PRコンサルタントの武井由美子です。先日の朝日新聞に、都内の小さな印刷所が手作りした方眼ノートの記事が紹介されていました。スゴイのに売れない…おじいちゃんのノートいかが 孫がツイート、注文3万冊特許まで取ったのに全く売れずに在庫の山となっていたこのノートが突然、注目を浴び始めたというもの。

  2. 伝える内容を半分にすれば、プレスリリースの伝わりやすさは倍になる

    PRコンサルタントの武井由美子です。プレスリリースを添削していると、”詰め込みすぎる人”と”説明不足の人”の二通りに分かれるなーと感じます。ちょうどいい人って案外少ないんです。詰め込みすぎる人は、あれもこれも重要に思えて自分では削れない。

  3. 季節の定番ネタにはメディアが興味を持つ「こだわり」を入れるべし

    PRコンサルタントの武井由美子です。大学入試センター試験が終わり本格的な受験シーズンを迎えるこの時期は、合格キットカット(きっと勝つ)、うカール、TOPPAといった合格ゲン担ぎ商品をスーパーやコンビニでよく見かけます。

  4. そのイベントのプレスリリース、単なる”お知らせ”になっていませんか?

    PRコンサルタントの武井由美子です。「セミナーやイベント開催をプレスリリースしたい!」というあなた。もしイベントに集客するのが目的ならプレスリリースはオススメしません。事前に新聞や雑誌に掲載されても集客にはほとんど結びつかないから。ぶっちゃけ、集客したいなら広告のほうが効果あると思うし。

ページ上部へ戻る