アーカイブ:2015年 5月

  1. 他社のプレスリリースから学べることは多い

    プレスリリースを書くときに、他社のプレスリリースを参考にするのもおすすめです。たとえそれが、良いプレスリリースでも、ダメなプレスリリースでも、どちらからも学べることは多いものです。

    *続きを読まれる際には、記事タイトル、もしくは画像をクリックしてください。

  2. プレスリリースのメディア選びはお客様で変わる

    プレスリリースは闇雲に送っても良い結果は出ません。どんなメディアに送ればいいか?それを決めるためには、プレスリリースを書く前にあることを考えておかなければならないんです。

    *続きを読まれる際には、記事タイトル、もしくは画像をクリックしてください。

  3. プレスリリースのネタが思い浮かばないときはキーワードで考えてみる

    セミナーに参加される方で、最初からニュースになるネタがある人なんてほとんどいません。でも、ちゃーんとメディア取材されてます。だってネタは作れるから。あなたのビジネスと○○○○○を上手く組み合わせて、メディアに注目されるネタを作っちゃいましょう!

    *続きを読まれる際には、記事タイトル、もしくは画像をクリックしてください。

  4. プレスリリース成功事例5:高橋洋子さま

    メディアに合わせたプレスリリースで取材を獲得:住宅ジャーナリスト高橋洋子さま

    プレスリリース成功事例:エメラルドホーム・高橋洋子さまの事例です。講座に参加する以前から、ご自分でプレスリリースを出されていましたが取材に結びつかなかったという高橋さん。それが、わずか3件のメディアにしか送っていないのに、見事にお目当ての雑誌から取材オファーをもらったのはなぜだったんでしょうか?

    *続きを読まれる際には、記事タイトル、もしくは画像をクリックしてください。

  5. プレスリリースがなかなか書けないときは新聞記事をお手本にするのがオススメ

    文章を書くのが苦手な人にとって、プレスリリースを書くのは大変と思うかもしれません。でも、○○を真似して書くだけで、案外するっと書けてしまうんです。それは、とっても身近にありました。

    *続きを読まれる際には、記事タイトル、もしくは画像をクリックしてください。

  6. メディア取材で上手くいく人はゴールが明確

    メディア取材の前に、集客を増やして売上アップしたいといった目的は誰もが持っていると思いますが、それだけじゃダメなんです。もっと先を見据えて、なんのためにPRするのか、どんなことを目指しているのか考えてみると・・・。

    *続きを読まれる際には、記事タイトル、もしくは画像をクリックしてください。

  7. PRに丸投げは禁物!

    小さな会社は、社長が中心になってPRを進めていくのが一番だと思います。外注を上手に使いながら、熱を伝える部分は人まかせにしないこと。少々面倒くさくても得られるものは大きいから。

    *続きを読まれる際には、記事タイトル、もしくは画像をクリックしてください。

  8. プレスリリース成功事例2:仲谷健吾さま

    プレスリリースに込めた譲れない想い:なかたに鍼灸整骨院  仲谷健吾 さま

    プレスリリース成功事例:なかたに鍼灸整骨院・仲谷健吾 さまの事例です。奈良の小さな鍼灸整骨院の院長である仲谷さんが、予約1年待ちの人気治療家になったのはなぜなのか?それにはこんな理由がありました。

    *続きを読まれる際には、記事タイトル、もしくは画像をクリックしてください。

ページ上部へ戻る